お持ち込み加工で気づく、ものの価値

お持ち込みの加工依頼をたくさんいただく。


そもそもやっているお店があまりないのもあるかもしれないが、

日本全国から石が送られてくる。

(店舗に持ち込みよりも郵送がほとんどだ。)


ときおり、こんなことを気にしながら依頼してくる方もいる。


「こんな石を頼んで良いのか…」

「天然ではないのですが」

「石じゃなくて申し訳ございません」


ネットやInstagaramなどで見るとより写真映えしていい石ばかりに見えるからか。

でもうちはできるものなら別になんでもOKというスタンスだ。


水晶っぽいけどガラスだろうが

海で拾った綺麗な石だろうが

ビーダマだろうが

全然OK。


で、そうやって送られてくるものは

石じゃない、天然じゃないなど関係なく

価値があるんだなと感じることが多い。


亡くなられた方の引き出しから出てきた

海外旅行で買った

彼氏とデートで拾った

娘が小さい時に宝物だった


そんなエピソードをそえらるとなおさらだ。


そういうものを手にするときは、不思議と石と同じ『重み』を感じる。

物理的重みではないが、その重みは想いであり、想いによってものには命が宿るんだな。


価値ってあるものじゃなくて、作られるもの。

宿されるものなんだなと思う。



ていねいなお手紙とともにト音記号の入ったプレートが送られてきた。

いろいろな案を考えていただいていたが、

ト音記号がさらに軽やかにはねるようなイメージでワイヤーラッピングすることに即決。


お伝えするとすぐにおまかせでOK!とお返事をいただいた。



実物もお喜びいただけますように!!



最後には宣伝になりますが(笑)

FUKANEではお持ち込みでの加工を承っております。


サイトにある作品を参考に

「このデザインをベースに、持っている石で加工してください」

というご依頼方法がスムーズです。


お気軽にお問い合わせくださいませ。


LINE

問い合わせフォーム



FUKANE 今野


0コメント

  • 1000 / 1000

FUKANE BLOG

仙台市一番町の天然石・手作りアクセサリー店、貴石工房FUKANEのブログです